強い台風12号は、23日午後9時現在、南大東島の東南東約340キロの海上にあり、勢力を維持しながら時速15キロの速さで西に進んでいる。沖縄気象台によると暴風域に入るのは大東島地方が24日昼過ぎごろ、沖縄本島地方が25日朝ごろの見込み。暴風半径が90キロと小さいため、急に風が強まるとして注意を呼び掛けている。

 中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル。最大瞬間風速は60メートル。24日昼過ぎには大東島地方が暴風域に入り、最接近は夕方から夜の始めになる見込み。予想される最大風速は40メートルで、最大瞬間風速は55メートル。本島地方は同日夜から強風域に入る。予想される風速は15メートル、最大瞬間風速は25メートル。

 沿岸の海域は大東島地方でうねりを伴い、波の高さが9メートルの猛烈なしけとなる。沖縄本島地方では波の高さが8メートルの大しけとなる。

 23日現在、海の便は24日出発予定の泊埠頭(ふとう)発-南北大東行き(大東海運)が27日出発になった。24日の空の便は通常通り運航する予定。ただし琉球エアーコミューター(RAC)は、南・北大東島発着の便について「天候によって欠航する可能性もある」としている。

 沖縄気象台によると、台風は高気圧に押されて西に進んでおり、今後、沖縄本島地方と奄美地方の近海を北上。25日朝から昼前にかけて、本島地方が暴風域に入るとしている。大東島地方は同日の未明から明け方にかけて暴風域を抜ける見込み。進路がさらに西寄りになれば先島諸島も強風域に入る可能性がある。

 雨量については、「本島地方で25日に警報級の雨が降る可能性がある」として、土砂災害や低い土地での浸水、河川の増水に注意を呼び掛けている。