県中学校総合体育大会第5日は23日、県内各地で3競技が行われた。

 サッカー決勝は小禄が4-1で屋部を破り、3年ぶり11度目の栄冠に輝いた。小禄は1-1の後半1分、FW下地海人のゴールで勝ち越すと、その後2点を追加して快勝した。

 バドミントンは男女団体決勝リーグの残りを行い、男子石嶺が3戦全勝で初優勝。女子は越来と糸満が2勝1敗で並んだが得失試合数で越来が上回り、2年ぶりの頂点に立った。個人戦は男女のシングルスとダブルスの16強が出そろった。

 軟式野球は準々決勝4試合が行われ、中城、北、宜野湾、大浜が勝ち進んだ。

 最終日は24日、バドミントンの個人戦と軟式野球の決勝までを行う。