「黒髪」を求める指導に、生来の茶髪を染めてまで応じるべきか―。大阪府立懐風館高(羽曳野市)3年の女子生徒(18)が染髪の強要と主張して大阪地裁での訴訟に発展した学校の指導が物議を醸している。インターネット上では「ひどい」「本末転倒」との声が上がり、著名人も批判。