■強気の攻め 逆転雪辱 団体女子決勝リーグ最終戦で、2年ぶりの優勝を目指す1勝1敗の越来の相手は2勝の糸満だった。昨年、4連覇を阻まれた宿敵で、第1複の新里友紀乃(3年)・新城こころ(2年)組は「強気で攻めよう」と引き締めた。 「攻めたら前衛に隙ができる。そこを狙った」。