強い台風12号は、24日午前9時現在、南大東島の南東約190キロにあり、勢力を維持しながら時速15キロで西に進んでいる。同日午前11時までに大東島地方に暴風警報が発表され、午後3時以降、暴風域に入る見込み。沖縄本島は25日の明け方ごろから強風となり、昼前から暴風域に入る恐れがある。沖縄気象台は沿岸の海域では暴風やうねりを伴った高波に警戒するよう呼び掛けている。

台風12号の進路予報図(気象庁HPから)

24日正午現在の台風12号の衛星写真(気象庁HPから)

台風12号の進路予報図(気象庁HPから) 24日正午現在の台風12号の衛星写真(気象庁HPから)

 南大東村では新東集会所と高齢者生活福祉センターを避難所とし、1世帯2人が避難している。北大東村でも保健・福祉センターに4世帯4人が避難している。

 台風の中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル。最大瞬間風速は60メートル。【沖縄タイムス+プラス編集部】