【シンガポールで浦崎直己】沖縄県産業振興公社のシンガポール事務所(玉城勝也所長)の開所式が24日、同国ハイストリート地区にあるハイストリートセンタービル内の同事務所で開かれた。翁長雄志知事は「東南アジアのダイナミズムを取り組むための第一歩を踏み出した」とあいさつ。11年ぶりに事務所を再設置し、沖縄―シンガポール間の定期便就航や観光誘客、県産品の販路拡大などに取り組む。

開所式でテープカットする翁長雄志知事(右から3人目)ら=24日、シンガポール・県産業振興公社シンガポール事務所

 同公社の海外事務所の設置は北京、上海、香港、台北に続き5番目。

 シンガポール事務所は1996年8月から2004年3月まで設置していたが、アジア通貨危機による東南アジア諸国連合(ASEAN)経済の冷え込みや、県内企業のニーズ低下などで閉鎖していた。沖縄―シンガポールのANA貨物便の新設、旅客チャーター便の新設などを受けて再設置した。