強い台風12号は24日午後6時現在、南大東島の南約100キロにあり、勢力を維持しながら時速約15キロで西に進んでいる。沖縄気象台によると、大東島地方には暴風警報が発表されており、暴風域に入る恐れがある。沖縄本島北部は25日明け方に暴風警報が発表され、中南部はそれる見込み。台風は今後、北寄りに進路を変え、奄美大島に接近し、九州の西に向かうとみられる。

台風12号の進路予報図(気象庁HPから)

 沖縄本島中南部では25日昼過ぎから1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込みで、沖縄気象台は警戒を呼び掛けている。

 台風の中心気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。【沖縄タイムス+プラス編集部】