光史流太鼓保存会師範の比嘉聰が「組踊音楽太鼓」の人間国宝に認定されたことを記念した特別企画公演「人間国宝・至芸の宴」が1日、浦添市の国立劇場おきなわであった。比嘉を含む人間国宝5人が出演し、円熟の技芸を披露した。 幕開けは比嘉の師で、同じく組踊音楽太鼓人間国宝だった故島袋光史構成の器楽合奏「瑞雲」。