【ダナン共同】トランプ米大統領は10日、ベトナム中部ダナンで演説し、米国は「自由で開かれたインド太平洋地域の友人でありパートナーだ」と述べ、今後も地域で主導的役割を果たす決意を表明した。同時に米国の利益を最優先する「米国第一」を堅持する方針を強調。「束縛されるような」多国間の通商枠組みには加入しないとして環太平洋連携協定(TPP)離脱を正当化し、各国と2国間の通商協定を結ぶ用意を表明、アジアとの関係を再構築する考えを示した。

 アジア太平洋経済協力会議(APEC)関連会合で演説するトランプ米大統領=10日、ベトナム・ダナン(AP=共同)

 トランプ氏がアジア政策について演説するのは初。南シナ海の実効支配を進める中国を念頭に法の支配や航行の自由を尊重すべきだとも訴えた。(共同通信)