世界ボクシング評議会(WBC)の世界ユース・フライ級王座決定戦が24日、タイのバンコクで行われ、沖縄県出身の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)がコンファー・CPフレッシュマート(タイ)に7回KO勝ちし、初のタイトルを手にした。比嘉は左で距離を取り、優勢に試合を進め、7回に連打で快勝した。昨年6月のプロデビューから7連続KO勝ちを飾った。

プロ7戦目でタイトルを奪取し、ジムの具志堅用高会長(左)から祝福される比嘉大吾(中央)=タイ・バンコク(白井・具志堅スポーツジム提供)

 WBCユース王座は、1999年に若手選手の育成を目的に制定された。過去にはバンタム級で亀田和毅が王座に就いている。