名護市辺野古の新基地建設で、実施設計や環境保全策に関する沖縄防衛局と県との協議は、翁長雄志知事の就任後、埋め立て工事を前へ進める初めての手続きとなる。