長崎県佐世保市の廃業した自動車関連会社の元経営者朝重隆次さん(66)が何者かに切られて死亡した事件で、県警は11日、佐世保署に100人態勢の捜査本部を設置した。実況見分をするとともに、遺体を司法解剖して死因を調べる。

 男性が殺害された現場付近を警戒する長崎県警の警察官=11日午前、長崎県佐世保市

 捜査本部によると、10日午後8時半ごろ、元会社敷地内の未舗装の地面に血を流してあおむけに倒れている朝重さんを、訪れた知人男性が見つけた。刃物のようなもので首を切られていたほか、右脇腹には刺し傷があり、約2時間後、搬送先の病院で死亡を確認。周辺で凶器は見つかっていないという。(共同通信)