沖縄防衛局が24日、沖縄県に本体工事着手のための護岸設計図を提出した。協議に応じる「低姿勢」を見せる一方、早期の本体工事着手により「新基地建設」の既成事実化を急ぎたいとの本音も垣間見える。翁長雄志知事“不在”時の突然の協議書搬入に、県幹部は困惑の色を隠しきれないまま対応に追われた。