プロ野球・日本ハムの大谷翔平投手(23)が10日、東京・日本記者クラブで会見を行い、今オフにポスティングシステム(入札制度)を利用し、米メジャーリーグに挑戦することを正式に表明した。日付などが背番号と同じ、11で揃えられたことが話題となったが、偶然だったことも会見で明かされた。

メジャー挑戦を発表した大谷翔平選手 (C)ORICON NewS inc.

【画像】話題に上がった野球漫画『メジャー』

 背番号と同じ11で揃えられた11月11日11時から会見はスタート。大きな話題となっていたが、司会は「結果的にゴロ合わせみたいになってますけど、これは最初から仕組んだわけではない」と明かした。そして「会場の都合も含めると偶然も、いくつか重なっての1並び。そういう意味で言いますと、おめでたいことだなと思います」と門出の会見にぴったりの日取りを喜んだ。

 冒頭で大谷は「昨日、球団の方から容認と温かい言葉をいただいた。あらためて来年以降、アメリカの方で頑張りたい」と報告。「自分が入団してから5年間、ファイターズでお世話になりました。自分が2つ(投手と野手)やってきたことが球団、また日本球界にとって本当にプラスなのかなと思ったこともありますけど、入団当初から応援してくださったファンの方や温かく指導してくださったコーチの方々、チームメイトの皆さん、球団の方々、栗山(英樹)監督、本当にいろんな人に支えられて5年間、1日1日を大切にしながら前に進むことができた。本当に感謝しかない。いろいろありましたけどファイターズに入ってよかった。きっと、それは一生、思う」と口にした。

 ただ、謝罪する一幕もあった。あいさつの最後に「きょうという日に限って、風邪を引いてしまいまして…」と告白。「喉の調子が悪いので、お聞き苦しい部分があるかと思いますけど、すみません」と苦笑い。会見中も何度も後ろを向いて、せきをするなどして、申し訳なさそうな表情を浮かべていた。

■“二刀流”あきらめない

 メジャーでも“二刀流”を貫くのかを問われると「環境があるのかわからない。そういう話を聞いてみたいな」と話すに留めるも「個人的には継続してきたものを、さらに伸ばしていきたいと思いますし、1つをあきらめるとは思っていない」と力強く語った。メジャー挑戦を決めたタイミングは昨年の日本一だったという。「心の片隅にいつかメジャーリーグに行きたいなというのがありました。明確に考えようという余裕は正直なかった。やるべきことの方が多かったですし」と入団してからの日々を振り返り「昨年の優勝があって、ようやく1つ達成感みたいなものがあったのかなと自分の中で思う。そこを経て、ちょっとずつ行きたいなという思いが大きくなったんじゃないかな」と語った。

 また、漫画『MAJOR』を読んだことがあるかという珍質問も。大谷は「もちろん読んだことあります。とても面白い漫画だと思って拝見させていただいています」と感想を語りつつ「すごく難しい質問…。そういう漫画を見たりして自分の想像力が広がった」と苦笑いだった。

■栗山監督・球団に感謝

 高校卒業後、すぐにメジャー挑戦を表明していたが、日本ハムに入団した経緯がある。日本球界で5年を過ごし、渡米する大谷は「球団からは『決して遠回りではなかったと思っている』という言葉をもらった。実際、自分もそう思っている。間違いじゃなかったと思って、これから先も頑張っていきたい」ときっぱり。記録が伸びにくい“二刀流”に挑戦したことについても「決して後悔はしていない。よかったなと思ってやってきたところの方が多い」と断言。「日本球界にとってプラスになっているかは自問自答してきた。おそらく、この先も続くと思う。まぁ、2つやってきてよかったなと思っています」と胸の内を明かした。

 前日に日本ハムの栗山英樹監督、竹田憲宗社長が会見を行い、メジャー移籍を容認することを表明していた。プロ入り後から支えてくれた恩師から巣立つことについて大谷は「寂しい部分ももちろんある」としつつも「栗山監督ではなかったらファイターズにお世話になっていなかったのかなというのも少しはある。自分にとっては大きい影響があった。これから先もご指導いただけるところがあると思っている。ぜひ、いろんな話をしたい」と感謝の言葉を語った。

 大谷は2012年のドラフト会議で日本ハムから1位指名を受け、入団。投手と野手で出場する“二刀流”でプロに挑戦し、大きな注目を集めた。昨年のクライマックスシリーズ最終戦では自身の持つ日本プロ野球の最速記録を更新する球速165キロをマーク。日本一に貢献した。今季は故障もあり、思うような結果が残せなかったが10月4日のオリックス戦(札幌ドーム)で4番・投手として出場。パ・リーグでは1975年の指名打者導入後初の偉業で、10奪三振で完封&先制の足がかりとなる中前打を放ち、スケールの大きさを見せつけた。国内最終戦となった10月9日の楽天戦(koboパーク宮城)では4打数無安打に終わっていた。

オリコンスタイルは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。