強い台風12号は、25日午前6時現在、南大東島の西約100キロにあり、大東島地方を暴風域に巻き込みながら、時速約20キロで北北西に進んでいる。大東島地方には暴風波浪警報が発表されており、南大東村で午前5時46分に43・7メートル、北大東村で午前5時57分に最大瞬間風速41・7メートルを観測した。

台風12号の進路予想図(気象庁HPから)

台風12号の衛星写真(気象庁HPから)

台風12号の進路予想図(気象庁HPから) 台風12号の衛星写真(気象庁HPから)

 沖縄電力によると25日午前7時現在、南大東村で約200戸が停電している。

 沖縄本島地方の路線バス、沖縄都市モノレールは始発から通常運行している。

 沖縄気象台によると、沖縄本島北部は25日の昼ごろから暴風となる見込み。中南部、久米島は暴風域には入らない見通しだが、強風に注意が必要となる。

 台風は今後、勢力を維持しながら北上し、25日午後6時には鹿児島県の徳之島付近に達する見込み。

 25日には雷を伴い本島地方で1時間に70ミリの非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、沖縄気象台は警戒を呼び掛けている。

 台風の中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心の南東側140キロ以内と北西側90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。