強い台風12号は25日午後4時現在、奄美市の南約100キロにあり、沖縄本島地方に最も接近している。沖縄気象台は国頭村、大宜味村、東村に大雨・洪水警報を発表した。また国頭村に土砂災害警戒情報を出した。1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れがあり、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けている。

台風12号による大雨で大量の赤土が道路に流れこんだ=25日午後4時20分ごろ、国頭村安田(新里泰撮影)

暴風警報が出ている本島北部では、最大瞬間風速35メートルの暴風が吹く恐れがあり、厳重な警戒が必要。中南部・北部地方ではうねりを伴った高波にも注意。大東島地方の暴風警報は解除された。

台風は勢力を維持したまま、時速約20キロで北北西へ進んでいる。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心の南東側160キロ以内と北西側90キロ以内で風速25メートル以上の暴風となっている。