台風12号は25日、大東島地方と沖縄本島北部を暴風域に巻きこんで北上した。南大東村在所では同日午前5時46分に最大瞬間風速43・7メートルを記録した。北大東村南でも午前6時4分に41・7メートルを観測。台風の影響で一時、南北大東島合わせて300戸が停電したが午後3時までにすべて復旧した。本島北部は豪雨に見舞われ、国頭村奥では同日午後3時59分までの1時間で68・5ミリの非常に激しい雨が降った。交通機関では欠航や運休が相次ぎ、市民の生活に影響を及ぼした。

台風12号(25日20時現在)

 南大東島では強い風でトタン屋根が外れる被害があった。南北大東島で合わせて11人が自主避難をしたが25日午後4時までに全員が帰宅した。国頭村奥では、25日午後11時までの24時間雨量が250・5ミリとなった。沖縄気象台は「ライン状の雨雲が北部にかかり続けたことから大雨になった」と説明する。本島中南部、久米島は暴風域には入らなかった。

 台風12号は午後8時現在、奄美市の南西約50キロの海上にあり、時速20キロの速さで北北西に進んでいる。中心気圧は975ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は30メートル。26日も沖縄地方沿岸の海域はしける見込み。