サッカーJ3で5位のFC琉球は26日午後6時から、沖縄県総合運動公園陸上競技場で3位のAC長野パルセイロと対戦する。

全体練習後、シュート練習に励むMF田中恵太(左)=24日、西原町民陸上競技場

 前節、ホームで昨季から4戦全勝の秋田と対戦。2-1で8勝目を挙げ、星を五分に戻した。順位を維持し、上位4チームとの勝ち点差を少しでも縮めるためにも重要なホーム戦だが、相性の悪い長野を迎える。

 JFL時代の2011年11月の初対決から今季4月まで10戦全敗。12年まで長野で指揮を執った薩川了洋監督と同様に、連敗阻止に意欲を見せるのが、元長野所属のメンバーだ。

 現在チーム最多5得点のMF田中恵太もその1人。「前回のアウェー戦は最初はうちの流れだったが、オウンゴールで失点してからペースを握られた」と省みる。「先制点が重要。前、後半の開始15分を大事にし、前線の選手として得点に絡みたい」と、古巣に一泡吹かせるつもりだ。(花城克俊)