沖縄県警は13日、県内の小学校で、低学年の女児にわいせつな行為をしたとして、同校の学習支援員を務めていた無職の20代の男=沖縄本島内=を強制わいせつの疑いで逮捕した。調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は2016年5月ごろ、本島内の小学校の教室内で、授業中に女児の体を触るなどわいせつな行為をした疑い。事件当時は他の児童や担任教師も教室内にいたが、目撃証言などはないという。

 県警は、男が教師や他の児童の目を盗んでわいせつな行為に及んだとみて、動機などについて詳しく調べている。