「大哺乳類展~ぼくらのなかまたち」(主催・沖縄タイムス社、文化の杜共同企業体)が開かれている那覇市の県立博物館・美術館で26日、沖縄こどもの国の移動ふれあい動物園があった。親子連れがウサギやカメ、ヘビなどに歓声を上げ、スキンシップを図った。

モルモットの感触を楽しむ子どもたち=26日午後、那覇市おもろまちの県立博物館・美術館

 観光で沖縄を訪れたが、台風12号の影響で離島行きの船に乗れなかった稲村香南さん(7)=千葉県成田市=は家族で訪れた。係員からコーンスネークを首にかけられ、「舌でなめられた。皮膚はつるつるしていた」と笑顔。

 ヒヨコを大事そうに両手で抱えた那覇市立石嶺小2年の与那嶺輝ひかる君(7)は「ふわふわしていて気持ち良かった。目がかわいかった」と話した。