国頭村は24日、初の公認キャラクター2体を発表した。いずれも国頭村の鳥で国の天然記念物のヤンバルクイナがモデル。「リアル担当」と「ゆるさ担当」で役割分担しながら村の自然をPRしていく。

国頭村公認キャラでリアル担当の「キョンキョン」(右端)とゆるさ担当=村役場

 リアル担当は村安田の生態展示学習施設にいる「キョンキョン」から名前をもらった。先行して活動を始め、5月には「同じ赤、白、黒のキャラクター」である熊本県の人気者「くまモン」に面会。7月の村児童オリンピック大会では、100メートル走でなんと13秒7を記録したという。

 ゆるさ担当は愛らしい容姿を生かして、商品開発も検討する。名前はまだない。村のウェブサイトやフェイスブックで8月末まで募集する。