名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が24日に提出した埋め立て本体工事に向けた実施設計と環境保全対策に関する協議書について、県は27日、受理するか、どうかの判断を先送りした。弁護士らと調整した上で、担当者が28日にも翁長雄志知事に状況を説明し、知事が判断する。