【東京】日本中国友好協会は25日、日本、中国、米国、沖縄の視点で東アジアの平和を考える有識者のシンポジウムを都内で開いた。新崎盛暉沖縄大名誉教授は、日中で対立する尖閣諸島問題について、「沖縄にとって尖閣諸島は排他的な国家固有の領土ではなく、昔からの生活圏。