【北部】自転車の祭典「ツール・ド・おきなわ2015」が11月7、8の両日、本島北部を中心に開かれる。8月1日の参加受け付け開始を前に、主催するNPO法人ツール・ド・おきなわ協会などが7月28日記者会見し、過去最多の5千人を目標に挙げた。

ツール・ド・おきなわ開催を発表する稲嶺進名護市長(右から2人目)=名護市の北部会館

 27回目となる今回は男子チャンピオンレース210キロに、海外8カ国の選手を招待する予定。内間康平、普久原奨ら県出身有力選手の参加も見込まれる。

 また、サイクリング2種目でコースを設定し直す。沖縄本島一周はワルミ大橋と海中道路を通るようになり、チャレンジは本島を東西に6回横断。「沖縄最難関」をうたう。大会会長の稲嶺進名護市長は「サイクリストはやんばるに結集を」、森兵次実行委員長は「女性の参加率を上げていきたい」と呼び掛けた。

 申し込みは8月1日正午から9月30日まで、インターネットや電話で受け付ける。問い合わせは協会、電話0980(43)7455。