【近畿総体取材班】全国高校総合体育大会第2日の29日、沖縄県勢は7競技に出場した。バレーボール女子の西原は予選グループ戦で柏井(千葉)に0―2で敗れて敗者復活戦に回り、岡崎学園(愛知)を2―1で破って決勝トーナメントに進んだ。

 ボクシングは、ライトウエルター級の吉開右京(美里)が佐藤直人(岩手・黒沢尻工)に2―1でポイント勝ちした。ピン級の鳩間功野(北谷)はTKO勝ち、ライト級の玉城康平(沖水)もポイント勝ちでそれぞれ2回戦に進んだ。

 陸上女子400メートルリレーは、中部商業が県高校記録まで0秒5に迫る46秒93の好タイムで準決勝に進出した。男子八種競技のシャープ宣(那覇西)は4種目を終え、9位につけている。

 なぎなた団体は知念が予選リーグ2勝の組1位で決勝トーナメントに進んだ。

 バスケットボール男子小禄は中部大第一(愛知)に91―94、女子那覇は明成(宮城)に59―62でともに初戦敗退した。ソフトテニス男子個人戦は上地慶明・知念稜磨組(那覇西)が1回戦を4―0で勝ったが、2回戦で敗れた。相撲団体の北部農林は予選敗退した。

 第3日の30日、県勢は5競技に出場する。