翁長雄志知事が名護市辺野古沿岸の埋め立てに向けた協議書の取り下げを沖縄防衛局に求めた背景には、埋め立て本体工事を「すんなりと進めるわけにはいかない」という立場を明確に示す狙いがある。菅義偉官房長官は即座に取り下げる考えがないことを表明するなど新たな火種となりそうだ。