自民党の岸田文雄政調会長は14日、東京都内のホテルで開かれた共同通信きさらぎ会で講演した。憲法改正の実現へ幅広い政党から理解が得られるよう、十分に議論を重ねていく必要性を強調した。「国会が真っ二つに割れるような議論は好ましくない。丁寧に議論することが、遠回りに見えて、最も早道なのではないか」と述べた。

 講演する自民党の岸田政調会長=14日午後、東京都内のホテル

 自民、公明両党幹部から国民多数の支持を改憲の前提にすべきだとの意見が相次いでいるのを踏まえ、政策責任者として柔軟に取り組む姿勢を示した形だ。

 岸田氏は「まずは党としての結論を出すことに専念したい」と指摘。改憲案の国会提示などの日程には言及しなかった。(共同通信)