【マニラ共同】安倍晋三首相は14日夜(日本時間同)、訪問先のフィリピン・マニラで記者会見し、中国の習近平国家主席、李克強首相と相次いで会談したことを踏まえ、来年を念頭に首脳による相互往来の実現に意欲を表明した。「来年の平和友好条約締結40年の節目に、ハイレベルの往来など交流を深め、日中関係を新たな段階へ押し上げる」と強調。「地域の平和と安定に向けて両国が協力を深化させる必要がある」とも訴えた。

 マニラで記者会見する安倍首相=14日(共同)

 米国を除いた11カ国による環太平洋連携協定(TPP)の大筋合意について「大きな前進だ」と評価。早期発効へ議論を主導する決意を示した。(共同通信)