9秒でまるわかり!

  • 琉球銀行はパソコンを使い定型業務を自動処理するRPA技術を導入
  • ローン申込受付書の入力を一部自動化し業務時間3割減につなげる
  • RPAは「働き方改革」に役立つとして全国の企業で導入が進んでいる

 琉球銀行(川上康頭取)は13日、生産性と業務品質の向上を目指し、パソコンを使った定型業務を自動処理するRPA(Robotic Process Automation)と呼ばれる技術を導入すると発表した。月内にも、ローン業務を担う那覇市久茂地のダイレクトバンキングセンターに先行導入する。