沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が石材の海上搬送で国頭村の奥港を使用したことを受けて、県は14日、防衛局に、海上搬送の経路はジュゴンの生息海域を通る可能性があるとして、埋め立て承認の際に県が付した留意事項に基づき、環境保全措置の変更承認が必要になると口頭で伝えた。