健康食品製造販売の仲善(仲本陽子代表)は、沖縄県産紅茶を使用したフレーバーティー「美ら島の紅茶」を販売している。マンゴー、ハイビスカス、シークヮーサー、パイナップルの4種類。紅茶栽培の北限とされる沖縄らしく、南国の香りが楽しめるようにした。

4種類のフレーバーが楽しめる「美ら島の紅茶」

 同社は開発チームを立ち上げ、材料選びから研究。有機栽培された県産の紅茶と選び抜いたハーブをブレンドした新商品を作り上げた。

 舟久保勝品質管理責任者は「使用している紅茶は100%県産。ホットでもアイスでも楽しめ、ミルクティーにするとさらにおいしく味わえる」とPRした。

 各種1缶12パック入りで、1350円(税込み)。南城市知念の直営店「くるくまショップ」のほか、インターネットでも販売している。

 問い合わせは同社、電話098(949)1188。HPはhttp://www.nakazen.co.jp