【石垣】石垣市内で不動産業を手掛けるエメラルド・アイル社(黒島栄作代表)は、同市美崎町の旧プラザホテルの建物を購入・改修し、「ホテルエメラルドアイル石垣島」を9月28日にオープンする。好調な八重山観光を受け、ホテル業に参入した。地域のアーティストと連携して整備する。

ホテルエメラルドアイル石垣島のエントランス予定図

 沖縄振興開発金融公庫八重山支店の融資を受け、約1億円かけて室内を改修し、石垣島にゆかりのあるクリエイターグループ「石垣島クリエイティブフラッグ」の作品や家具を設置する。

 同市では近年、外資系の大型ホテル売買が盛んに行われているが、同公庫は「宿泊需要は多いが、地元事業者は資金のかかるホテル運営に二の足を踏む。既存ホテル売買によるリノベーションは採算面で見込みがある」と同社の取り組みを評価した。

 客室はシングルからトリプルまで全39室。シングルは4千円から、トリプル2万2500円を想定。8月10日からインターネットで予約を受け付ける。黒島代表は「宿泊客と島の人やモノを結ぶホテルにしたい」とアピールしている。