【名護】名護市辺野古の新基地建設に反対する市民たちは30日、約20人が午前6時過ぎから米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議活動を行い、工事関係車両をシュワブ内に入れようとする沖縄県警機動隊員らと一時もみ合いとなった。同10時半ごろにはうるま市の島ぐるみ会議メンバーらが加わり、90人以上がゲート前で抗議集会を行っている。

 また海上でも市民らがカヌーや船に乗り抗議の声を上げた。これまでのところ海上にスパット台船や作業船はなく、作業は確認されていない。