2017年(平成29年) 11月20日

沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古新基地:抗議の市民50人を強制排除 車両130台が資材搬入

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らは15日午前から、米軍キャンプ・シュワブの工事用ゲート前で座り込み抗議活動を続けている。正午までに2回、市民ら約50人を機動隊員が強制排除。その後、資材を積んだトラックなど合計約130台が基地内に入った。

ゲート前に座り込んで抗議する市民らを強制排除する機動隊員=15日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 市民らは工事中止を訴えるプラカードを掲げながら機動隊員や資材の搬入業者に対し「民意を無視した違法工事に加担しないで」と声を上げた。

 キャンプ・シュワブ内の辺野古崎西側の「K1」護岸建設現場では、午前9時45分から断続的に石材を海中に投下する様子が確認された。カヌーで抗議する市民が工事区域に近づいたため、午前11時15分ごろから工事が一時、中断した。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス