【東京】2016年秋に開幕するバスケットボール男子の新リーグは30日、1部参入の12チームを発表した。琉球ゴールデンキングスを含むTKbjリーグから6チーム、ナショナルリーグ(NBL)からも6チームが入った。キングスを運営する沖縄バスケットボールの木村達郎代表は「新リーグでもトップレベルのチームであり続けるよう、選手も運営も一丸となって成長し続けたい」と意気込みを語った。

1部参入が決まり、ボードに書かれたチーム名を指さす琉球ゴールデンキングスの木村達郎代表=30日、東京都内のホテル

 NBLからは昨季王者のアイシン三河のほかリンク栃木、千葉、トヨタ自動車東京、東芝神奈川、三菱電機名古屋が入った。bjからは昨年優勝の浜松・東三河、秋田、仙台、京都、大阪も決まった。

 新リーグは1~3部の3部制で、この日は選考基準をクリアした1部12、2部5、3部3のチーム名が発表された。選考を続けており、残りは8月29日に決まる。1部は最大16チームで構成される方針だが、18に増えることもあるという。