【東京】沖縄県は30日、上京中の翁長雄志知事が31日午前に首相官邸で菅義偉官房長官と会談することを発表した。名護市辺野古の新基地建設問題や2016年度の沖縄振興予算などについて意見交換するとみられる。また、翁長氏は8月7日に国庫要請で上京する際に、安倍晋三首相と面談する日程が取れたことを明かした。

(左から)翁長雄志知事、菅義偉官房長官

 翁長氏は30日に都内で記者団の取材に応じ、菅氏との会談について、「安倍首相との面談についての報告があると思う。時間の許される範囲内で今、抱えている問題をあらためて意見交換したい」との考えを示した。

 辺野古海域の埋め立て承認に法的瑕疵(かし)があるとした第三者委員会の報告について、翁長氏は「(菅氏に)時間があれば話したい」と述べるにとどめた。

 菅氏は同日の記者会見で、翁長氏との会談の議題について、「予算などいろんな問題があると思う」と述べ、基地問題に限らず、沖縄の課題について幅広く議論したい考えを示した。

 翁長知事と菅氏は4日に都内で非公開で懇談し、継続的に対話していくことを確認していた。