沖尚からただ1人出場した3年生の米須鈴花が、個人試合で16強へと駒を進めた。 もともとはじっくり狙っていくタイプ。だが、「がんがん打ってくる相手だと引いてしまう」(徳田礼監督)という弱点を克服するため、攻め込んで相手をひるませる作戦に出た。 予選リーグの2試合、決勝トーナメント1回戦と全て1本勝ち。