【近畿総体取材班】全国高校総合体育大会第4日の31日、沖縄県勢は6競技に出場した。陸上男子走り幅跳び決勝で、津波響樹(那覇西)は7メートル35をマークし、6位入賞した。

 なぎなた団体試合決勝トーナメント準々決勝で、知念は釜石商工(岩手)に0―2で敗れ、8強だった。個人試合の米須鈴花(沖尚)は決勝トーナメント2回戦で敗れた。

 バレーボール女子西原は決勝トーナメント3回戦で、文京学院大女子(東京)に0―2で敗れ、8強入りを逃した。

 空手女子団体組手の浦添は1回戦で釜石(岩手)に2―1で勝ち、2回戦に進んだ。個人形の男子島袋佑哉(コザ)、女子細田悠乃(開邦)はそれぞれ3回戦に勝ち上がった。

 ボクシングは3回戦が行われ、フライ級の大湾硫斗(美来工)、ライト級の玉城康平(沖水)がそれぞれポイント勝ちし、準々決勝に進出した。ボートの男子ダブルスカルの新川碧・新垣慎組(美里工)は敗者復活戦へ回った。

 第5日の1日、県勢は4競技に出場する。