【東京】翁長雄志知事は31日、首相官邸で菅義偉官房長官と会談し、沖縄防衛局が県に提出した名護市辺野古の新基地建設の本体工事に向けた事前協議書の取り下げを求めた。会談後に記者団の取材に応じた翁長氏によると、菅氏は取り下げに応じない姿勢を示したという。

(左から)翁長雄志知事、菅義偉官房長官

 また、翁長氏が8月7日に国庫要請で上京する際に、安倍晋三首相も面談に応じるとの報告があったという。会談は約15分間で完全非公開だった。

 翁長氏は事前協議に関し、「ぜひ再考してもらいたいとの話をした。(菅氏も取り下げ要請を)承知していたが、これまでの経緯を踏まえながら話し合っていこうとのことだった。お互いの立場を確認して時間が過ぎた」と述べ、議論は平行線だったとした。

 また、翁長氏から辺野古海域の埋め立て承認手続きに法的瑕疵(かし)があったとする第三者委員会の報告を説明し、「それをベースにこれから議論していきたい」と伝えたが、菅氏はこれまでの政府の立場を説明するにとどまったという。

 菅氏は同日夕の記者会見で、知事に対して埋め立て承認手続きに法的瑕疵はないとする見解や、事前協議を取り下げない考えを伝えたのかの質問に、「政府の立場をこれからも粘り強く説明し理解いただけるようにしたい。負担軽減でやれることは全てやるとの思い」と述べるにとどめた。