第97回全国高校野球選手権(8月6日開幕、阪神甲子園球場)に出場する興南高野球部の壮行会が31日、那覇市古島の同校で開かれた。在校生や卒業生、選手の父母ら約400人が激励に駆け付け、「また旋風を起こしてほしい」などとエールを送った。

甲子園での健闘を誓った興南ナイン=那覇市古島・興南高校体育館

 2010年の春夏連覇以来、5年ぶりに甲子園で指揮を執る我喜屋優監督は「大会創設100年の節目に、南からの風を大いに興したいと思う。県民の期待に応えたい。いい報告ができるよう頑張ってきたい」と力強くあいさつした。

 比嘉龍寿主将は「甲子園では、県大会の接戦を経てここまでたどり着いてきたように、目の前の一戦一戦を大事に勝ち上がっていきたい」と決意を語った。

 興南ナインは8月1日、甲子園に向けて出発。3日の組み合わせ抽選会で、対戦相手が決まる。