予選、決勝とも土壇場で持ち前の跳躍力を見せた。世界ユース選手権の男子走り幅跳び日本代表、津波響樹(那覇西3年)が陸上沖縄県勢第1号となる入賞を果たした。記録は自己ベストを20センチ下回る7メートル35。ランキング2位で臨んだ大会での6位に不満も残る。