米国ロイヤル・カリビアン・インターナショナル社が運航する世界最大級のクルーズ船「クヮンタム・オブ・ザ・シーズ」(16万7800トン、定員4200人)が1日午前、那覇市の那覇新港ふ頭に上海から初寄港した。過去に沖縄に寄港したクルーズ船では最大規模。

上海から寄港した「クヮンタム・オブ・ザ・シーズ」=1日午前、那覇新港ふ頭

 全長348メートル、横幅41メートル 海面からの高さ約50メートル、2千の客室を備える。2014年11月に就航後、ことし6月から母港を上海に移し、韓国や日本などを周っている。

 船は午前7時に入港。沖縄県内外の旅行代理店4社が45人乗りの大型バス約120台をチャーターし、3時間かけて乗客や乗組員の下船に対応。美ら海水族館や首里城行きなどのツアーに案内した。

 同船は1日夜に沖縄を出発し、3日に上海に帰港。9月にも沖縄に寄港する予定。