2017年(平成29年) 12月12日

沖縄タイムス+プラス ニュース

元米兵初公判:頰づえで黙秘貫く 遺族、凄惨犯行に涙

 「アイ チューズ トゥ リメイン サイレント(黙秘権を行使します)」。16日に始まったうるま市女性暴行殺害事件の裁判員裁判で、シンザト・ケネス・フランクリン被告33が被告人質問で検察官の全ての質問に黙秘を続けた。まな娘を突然失った心の傷が癒えない両親ら遺族は、法廷内でつまびらかにされる凄惨(せいさん)な犯行の状況に涙した。被告の黙秘に被害者の友人も、「真実を話してほしい」と願った。

肘をついて弁護側の席に座り、検察側の説明を聞くシンザト・ケネス・フランクリン被告(イラスト・サイトウカナエ)

 午前10時ごろ、白の半袖Tシャツと紺色のジャージーパンツ姿のケネス被告は落ち着いた様子で入廷。右手でほおづえをつく姿勢を崩さず、裁判員や検察官、傍聴席に何度も目を向けるなど落ち着かない様子も見せた。検察官が起訴状を読み上げると眉間にしわを寄せた。罪状認否では事前に準備した用紙を読み上げ、殺意を否認。事件の核心を否定する発言に、検察側に座った父親は目を閉じ、傍聴席で見守る母親のおえつが法廷内に響いた。

 「背後から近づき、後頭部をスラッパー(打撃棒)でなぐりつけた」「首を絞め、ナイフで首の後ろ付近を数回刺した」「膝の裏側、背中、右肩付近を刺した」。検察と弁護側の双方から事件の生々しい描写が続いた。検察側の証拠調べでは、携帯電話の位置情報から犯行当時のケネス被告の足取りの詳細も明らかになった。女性をナイフで刺す動作や首を絞める様子を取り調べで再現する被告の映像がモニターに映し出された。付近の河川から見つかった長さ約30センチの鉛製の打撃棒も証拠として提出された。

 殺意を否定する弁護側は「殺人を起こしたことが間違いないという場合にだけ有罪だ」と強調し、検察側の証拠能力をけん制。裁判員らに対し「暴行現場で首を刺したことに疑問が残るのであれば事実を認定することはできない」と主張した。

 被告が黙秘したことに、全容解明を望む友人の一人は「怒りを通り越してあきれる。これだけ大きな事件を、黙って終わらせようという感覚が甘すぎる」と指摘。「語っても納得は絶対にできないが、今からでも考えを変え話してほしい」と訴えた。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間