【うるま】琉球王朝時代の和文学者で、市勝連平敷屋の脇地頭を務めた平敷屋朝敏を偲(しの)ぶつどい(主催・平敷屋朝敏を語る会)が26日、平敷屋タキノー周辺で開かれた。朝敏の功績を語り合おうと約70人が集まり、交流を深めた。