勝ち名乗りを受けた瞬間の安どの表情が、激戦を物語っていた。ライト級の玉城康平(沖水)が佐藤真男(東京・駿台学園)を2-1のポイントで退け、準決勝進出を決めた。 前日、佐藤の試合ビデオを見て、スタイルを研究した。パワーがあり、果敢に打ち合いを仕掛けてくる相手に、対策はただ一つ。「負けずに前へ出る」。