圧勝だった。フライ級準々決勝で、大湾硫斗(美来工)が金元文汰(愛媛・新田)を3-0のポイントで退け、昨年総体を越える全国4強に入った。 1回、「相手はカウンターがうまい」との警戒感から、慎重になりすぎた。相手も大湾の強打を警戒し、互いに探り合う展開。レフェリーから、両選手へ打ち合うよう注意された。