在沖米海兵隊は17日、米軍施設内に入る際に登録する個人情報が入ったコンパクトディスク(CD)を紛失したと発表した。2007年1月から17年9月までの10年間分で、国籍や雇用形態を問わず、車両情報を登録した全ての人の情報が入っているという。

 CDには(1)米国人のソーシャルセキュリティーナンバー(2)従業員番号(3)生年月日―などの個人情報が含まれている。米軍は日本人が対象の情報に関しては「身元や財務状況などの情報に脅威を引き起こす内容とは認識していない」としている。一方、「銀行口座などに不審な動きがないか確認する必要がある」と注意を呼びかけている。

 CDはキャンプ・バトラー基地車両登録事務所に保管されていたもので、今年9月27日ごろに紛失したという。米軍は「心配と迷惑をかけ心からおわびする」と謝罪している。