沖縄県内18の離島市町村が個性豊かな特産品や伝統芸能を紹介する「離島フェア2017」(主催・同実行委員会)が17日、那覇市の沖縄セルラーパーク那覇で始まった。19日までの3日間、午前10時~午後7時(最終日は午後6時半まで)。「島々の彩り みなに拡(ひろ)がる」をテーマに117社が1094品を展示販売する。

海産物や菓子、工芸品など各島の特産品が並び、買い物客でにぎわう離島フェア=17日、那覇市・沖縄セルラーパーク那覇(田嶋正雄撮影)

 特産品会場には、伊平屋村のマグロカレーや久米島町の車エビ、宮古島市のヤムイモ焼酎「ずみ」、竹富町の波照間島もちきびなど多彩な商品が並ぶ。「離島食堂」の11市町村15店、「離島カフェ」の3市村3店で、島料理やスイーツを楽しむことができる。奄美市も特別出展している。

 開会式で、実行委員長の外間守吉与那国町長は「29回目を迎え、内容が充実してきた。離島市町村が自らの創意工夫で地域づくりに取り組む決意と、島々の素顔を、一丸となって表現したい」と来場を呼び掛けた。

 開幕と同時に特産品会場を回ったうるま市の会社員、高宮あゆみさん(22)は「船が苦手で離島に行くのは難しくても、離島フェアで島々の商品を購入し、ゆるキャラに会え、楽しい」と声を弾ませた。