【近畿総体取材班】全国高校総合体育大会第7日の3日、沖縄県勢は8競技に出場した。ハンドボール男子興南は初戦の2回戦で総社(岡山)に29―27で競り勝ち、3回戦に進んだ。女子那覇西は、2回戦で小松市立(石川)に22―27で敗れた。

 テニス女子団体の沖尚は、3回戦で大成(東京)を2―0で下して準々決勝に進んだが、秀明八千代(千葉)に1―2で敗れ、4強入りを逃した。バレーボール男子の西原は、予選で習志野(千葉)に1―2で敗れて敗者復活戦に回り、聖隷クリストファー(静岡)を2―0で下し、決勝トーナメントに進んだ。

 公開競技のレスリング女子56キロ級で屋比久すず(浦添工)が準決勝に進んだ。

 サッカー男子の那覇、ソフトボール女子読谷は1回戦敗退。ソフトテニス女子個人の小牧万里波・宮平莉奈組(名護)は4回戦で敗れ、女子団体の名護も1回戦を突破できなかった。

 第8日の4日、県勢は5競技に出場する。