3連覇を狙う興南が、苦しんで初戦を突破した。エース川上勝太の個人技などで5-1と幸先よく滑り出したものの、守りの反則で2分間の退場が続いて波に乗れない。守りでリズムがつくれず、攻撃でもパスミスが多かった。